Dr.ハクの1から分かる
1st審美インプラント
最新審美歯科

渋谷区・表参道・青山版 1st審美インプラント、審美歯科情報

無料メール相談
インプラント治療・特殊なインプラント治療
特殊なインプラント治療

インプラント治療を行う上で大切なのは、インプラントを埋入する部位に十分な骨の高さ・幅が存在することです。もし十分な骨がなかった場合、骨造成をおこないインプラントを埋入することが可能となります。また、骨造成をしなくても傾斜埋入やショートインプラントを用いることにより、インプラントを埋入する場合もあります。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ラテラルウインドウテクニック
上顎骨側壁の骨を開窓(削って穴を開ける)し、骨補填材を入れることによりインプラントを埋入するための骨を作ることができます。 骨高が5mm以下の場合に適用されます。


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

歯槽頂アプローチテクニック(ソケットリフト)
ソケットリフトとも言われるこの方法は、インプラント埋入部位から骨補填材をいれることにより、骨造成を行います。 骨高が5mm以上ある場合に適用されます。


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


べニアグラフト(骨移植)
骨の幅・高さが少ない場合、骨を移植したり再生療法により骨を作ることによりインプラント治療をおこなうことができます。ご自身の他の部位(下顎の骨)から骨を採取して、インプラント埋入部位に骨を移植するすることによりインプラント治療を行います。

実際に行ったインプラント症例

症例その1
ラテラルウインドウテクニック
特殊なインプラント
ラテラルウインドウテクニック 症例その2
歯槽頂アプローチテクニック(ソケットリフト)
特殊なインプラント
歯槽頂アプローチテクニック(ソケットリフト)

実際に行った症例 成功するポイント

  • ラテラルウインドウテクニックによる、サイナスフロアエレベーションを行うことにより、適正な長さのインプラントを埋入することができます。
  • ショートインプラント(短いインプラント)を用いたり、傾斜埋入(斜めにインプラントを埋入)することにより、骨が少ない部位でもインプラント埋入が可能な場合があります。
  • インプラント埋入部位の骨が不足している場合、個々に合った様々な治療方法があります。詳しくは担当医にご相談ください。



〒107-0061
港区北青山3-6-20 青山T&E 5F
TEL:0120-780-418
表参道駅(B4出口) 徒歩1分
原宿駅 徒歩15分

パーキング情報

診療時間: 11:00~20:00
休日診療(土曜日・日曜日診療)
年末・年始を除く

[診療日カレンダー]