Dr.ハクの1から分かる
1st審美インプラント
最新審美歯科

渋谷区・表参道・青山版 1st審美インプラント、審美歯科情報

無料メール相談
インプラント治療の流れ
インプラント治療の流れ

ここでは、一般的なインプラント治療の流れについてご説明いたします。 現在、様々なインプラントシステムが存在しますが基本的な治療の流れは同じといっていいでしょう。一つひとつのステップを確実に行うことにより、インプラント治療を成功に導きます。

Step1 診査・診断 インプラント治療を行う上で最も重要なステップです。インプラントを埋入予定部位の骨の状態・粘膜の状態を調べて、噛みあわせや最終的な上部構造を踏まえた順序立てた治療計画をたてなければなりません。 必要に応じて、様々な診査を行います。通常、X線・CT・模型・口腔内写真などをもとに診査・診断を行います。CTデータをもとに、PCでシミュレーションソフトを用いた診断を行う場合もあります。
インプラント治療の流れ
Step2 1次手術 インプラント埋入ドリルを用いて、顎骨に規定のサイズの穴を開けインプラント体を埋入します。通常、局所麻酔のみで行えますが、手術時間が長時間にわたる方・全身疾患のある方・痛みに弱い方などは静脈内鎮静法(無痛インプラント)を用いる場合もあります。
インプラント治療の流れ
Step3 2次手術 アバットメント装着1次手術後、約2~3ヶ月で2次手術を行います。(インプラント体が骨にしっかりついていることを確認します)
顎の骨に埋入されたインプラント体の上に、仮の土台(アバットメント)を装着します。
インプラント治療の流れ
Step4 仮歯装着最終的な人工歯(かぶせ物・上部構造体)を作製する前に、仮歯を装着します。仮歯により噛みあわせの調整や、歯ぐきの形態を整えます。
インプラント治療の流れ
Step5 型取り・人工歯装着仮歯を使用して、機能的にも審美的にも問題がないことを確認してから型取りを行い、最終的な上部構造体を作製します。様々な材料からよりあったものを選択し、技術レベルの高い専門歯科技工士により作製されます。
インプラント治療の流れ
Step6 メインテナンスインプラントを長持ちさせるために、治療後の定期的(3ヶ月毎)なお手入れはとても大切です。必要に応じて、噛みあわせの調整やX線検査を行う場合があります。
以上のステップは2回法インプラントによる基本的な流れです。 術式により、治療回数・治療期間は変わります。 また、骨が不足している場合は骨造成が必要であったり、歯肉の状態によっては、歯肉移植が必要な場合があります。
最新インプラント治療


〒107-0061
港区北青山3-6-20 青山T&E 5F
TEL:0120-780-418
表参道駅(B4出口) 徒歩1分
原宿駅 徒歩15分

パーキング情報

診療時間: 11:00~20:00
休日診療(土曜日・日曜日診療)
年末・年始を除く

[診療日カレンダー]